レーシック手術、やるなら春先までに

レーシック手術、やるなら春先までに

レーシック手術にも、シーズンがあるようです。
特に、適していないシーズンがポイント。

 

レーシック手術をした後は1週間程度は目に刺激を与えないように過ごさなくてはいけません。
よって、花粉症の人は、目がかゆくなったり腫れたりする花粉症シーズン(春・秋)は
レーシック手術を避けた方が良いでしょう。

 

 

また、春は花粉だけでなく黄砂も飛びます。
黄砂は花粉症のようにアレルギー体質の人でなくても目や体調に悪影響を及ぼすことがありますので、
近いうちにレーシック手術を受けたいのであれば、春先までに受ける方が良いでしょう。

 

それから、汗をたくさんかく時期も避けたいですね。
汗が目に入ったりすると良くないようです。ついつい汗をぬぐおうとして目を触ってしまったりしますしね。
夏が来るまでにレーシック手術をすませておくと、
汗がメガネとの間にたまる不快感などから解放されそうです。

 

それから、レーシック手術後しばらくは、まぶしく感じることもあるようで、サングラスが必要だというネットの体験談もいくつか目にしたことがあります。
それを思うと、通勤時にスーツにサングラスとかは、どこの“組”の人?!みたいになるかもしれないので、
やはり日差しのキツイシーズンは避けて、冬のうちに手術を受ける方が良いのかもしれませんね。