レーシックしたらこんなに良くなる「友達、コンタクト編」

レーシックしたらこんなに良くなる「友達、コンタクト編」

レーシックしたらこんなことが良くなるのではないかという話題。
今日の記事は、コンタクトユーザーの私の友達の意見です。

 

・メガネを使わなくて良くなる。

 

 

コンタクトユーザーの友達ですが、さすがに24時間コンタクトレンズを装着しているわけにもいきませんので
自宅では(特に夜など)メガネを使っているそうですが、メガネが合わないんですって。
鼻からズレる、耳から落ちる等々……。
(メガネを日常的に使っている私からしたら、「それメガネが合ってないだけじゃない?とりあえず新しいの買えば?」と思わないでもないですが、家の中だけのメガネを新しく買うのはもったいないんだとか。)
レーシック手術で裸眼が良くなると、コンタクトレンズを装着していないときの不便さが解消されるのが良いなあというのが一番のようです。

 

・コンタクトレンズは災害時が心配。

 

東日本大震災の記憶もまだ新しく、
一方で東南海地震も東京大震災もいつおこるかわからないと言われる昨今。
東日本大震災の報道でもありましたが、コンタクトレンズって救援物資に期待できません。
もちろん、緊急時避難袋に用意しておくべきではあるんですが、それも持って逃げられないこともあるので
不安だ、と。

 

友達が心配していたのは、
コンタクトレンズは25年くらいまでしか使い続けられないという情報もあるということ。
レーシック手術で裸眼の良い目を取り戻したいですね。